株式会社Agoop

交通施策・都市政策

交通施策・都市施策

Agoopサービスは、渋滞緩和施策の検討や、都市開発政策の立案などに数多くご活用いただいております。
交通施策・都市政策分野でのAgoopデータ、サービスのご活用例をご紹介いたします。

渋滞の緩和施策立案

課題

通勤時間帯の幹線道路の渋滞が深刻だ。
渋滞緩和の施策を立案したいが、どこからどこに向かっている車の流れが多いのかが把握できていない。
効果的な施策を立案するためにも、渋滞の原因が分かるような情報を把握できないだろうか?

これで解決

人流データを活用すれば、起点 (origin) から終点 (destination) のOD交通量を把握することが可能です。
通勤時間帯に混雑するということは、車での通勤による渋滞と想定でき、具体的にどこに住んでいる人が何時にどこを通り、どこに向かうから渋滞が発生しているかの原因を人流データの活用することで把握できます。
実際に、ある企業の勤務者の車通勤が渋滞の主要因だとデータで解明し、その企業と連携して時差出勤の推進などにより、渋滞緩和に繋がった事例があります。

コミュニティバスの運行計画立案

課題

住民の足として、コミュニティバスをより使いやすくしたい。
しかし、実際にコミュニティバスを利用している住民、車で移動している住民、自転車で移動している住民などが、それぞれどこによく行っていて、どれくらいいるのかが把握できていない。
住民の現状の移動実態を把握することはできないだろうか?

これで解決

人流データで、住民が普段どこによく行っている場所や、どういうルートで移動しているかを把握することが可能です。
住民の現状の移動実態を把握することで、コミュニティバスの運行ルートやダイヤの最適化、一次交通との連携改善などの交通施策の立案にご活用いただけます。
また、交通施策の実施により住民の移動実態がどう変化したかを定点観測することで、交通施策の効果測定とPDCA運用が可能になります。

大型施設の開業よる影響調査

課題

駅前に新しい商業施設を誘致し、開業を迎えた。
駅前の人出が増し周辺店舗へも良い影響が出ている一方、新たな渋滞が発生するなどもしているようだ。
いち早く、周辺への影響を把握し、対策を検討したい。
開業前と後の時系列変化を把握することはできないだろうか?

これで解決

人流データで、駅周辺の人出や、周辺道路の渋滞状況などを大型施設の開業前と後で比較し、どのように変化したかを把握することが可能です。
従来の大規模公的統計では、周辺の変化が反映されるまでには長い時間を要しすぐに対応することが困難でしたが、人流データを活用すれば、スピーディーに状況の変化を捉えることができ、新たに発生した問題点をすぐに対処することが可能になります。

関連ユースケース

観光施策

防災施策

需要予測・投資診断

出店戦略立案

顧客・競合分析

click

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ