株式会社Agoop

防災施策

防災施策

Agoopサービスは、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止施策の検討や効果検証、台風や地震などの防災施策などに数多くご活用いただいております。防疫・防災施策でのAgoopデータ、サービスのご活用例をご紹介いたします。

感染症関連データとの相関分析

課題

経済活動と感染症対策を両立させるため、感染症に関するデータと人の動きの相関を捉え、市民に適切で効果的なアナウンスを実施したい。

これで解決

Papilioでは、全国の駅や観光地、繁華街などの日々の時間帯別の滞在人数を把握することが可能です。
また、来訪者の居住エリア別人数や、市内/県内市外/県外などの居住地区分別人数を集計・把握も可能です。
毎朝、前日分のデータが自動的に反映され、集計データをCSVやExcel形式でダウンロードすることも可能で、感染症に関する各種データとの相関分析に活用いただくことで、人流と感染症の影響について把握でき、実施した施策の効果検証や、効果的な施策の検討などにご活用いただけます。

避難計画の見直し

課題

災害時の避難計画の見直し時期だ。過去の台風や地震の際には、帰宅困難者も多数出たことから、各エリアの日中の滞在人口がどうなっているかや、どこに住んでいる人がどこに勤務しているのかなど、最新の実態を確認したい。

これで解決

Agoop人流データでは、各エリアの時間帯別の滞在人口はもちろん、滞在者の居住エリア、勤務エリアも把握可能です。また、各エリアへの通勤ルートも可視化して把握することができます。
人流データを活用することで、災害時の避難場所の設置計画や避難経路の策定などを最適化することが可能です。
また、ハザードマップなどと組み合わせて分析することで、災害時の被害シミュレーションも可能です。

災害時の異常地点の検知

課題

災害時には、指定避難所以外へも住民が避難することがあるが、どこに避難しているかをすぐに把握できないため、救援物資の支援が迅速に行えない。
また、避難所までの交通ルートの状況が把握できず、迅速な救援活動に支障が出ることがある。
避難状況や道路状況を迅速に把握することはできないか?

これで解決

Agoopが開発している異常地点検知を活用することで、最小50mメッシュ単位で異常が発生しているエリアを把握することが可能です。平常時と比べて人が大きく増減したエリアを自動で検知することができます。
この仕組みを活用いただくことで、災害時の物資支援の優先順位づけや、避難所の利用状況の把握が可能で、災害時の迅速な意思決定を支援することが可能になります。

大学・研究機関向け調査のDX化

課題

特定の県の居住者・勤務者に対し、感染症に関する調査を実施し、研究や論文作成のエビデンス資料にしたいが、対面でアンケートを取得できない。

これで解決

位置情報アンケートでは、特定の県の居住者・勤務者をターゲットとして、アンケートをスマホアプリで配信・取得することが可能です。

また、紙アンケートではないため、データ入力の手間も発生せず、Excelデータにて納品することが可能です。

大学の研究室で利用するアンケートや、研究機関での調査などでご活用いただき、研究や論文作成のエビデンス資料などにご活用いただけます。

関連ユースケース

観光施策

交通施策

需要予測・投資診断

出店戦略立案

顧客・競合分析

click

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ