株式会社Agoop

需要予測・投資判断

需要予測・投資判断

Agoopサービスは、SCM分野での需要予測や、不動産・株式の投資判断のための客観的なデータとして、数多くご活用いただいております。需要予測・投資判断でのAgoopデータ、サービスのご活用例をご紹介いたします。

客数・販売数・売上の予測

課題

商品仕入れや在庫調整のため、客数、販売数、売上の予測をしている。
ただ、予測は担当者の経験と勘に頼っている状態で、担当者によって精度のブレも大きい上に、休職や離職によって予測自体ができなくリスクもある。
根拠に基づいた予測をいつでも誰でもできるように出来ないか?

これで解決

過去のプロモーションの実施時期、内容、売れた商品などと、店舗ごとの来店人数の人流推移との相関を分析し、どんな要因が何に影響したのかを把握することで、今後のプロモーションによる客数、販売数、売上などを予測することが可能になります。
データに基づく予測をすることで、いつでも誰でも商品仕入れや保有在庫の調整ができるようになり、コスト削減や効率化が可能になります。

土地需要の予測

課題

分譲マンションの開発を行なっている。
開発エリアの選定と売上予測は担当者の経験と勘に頼っていて、初期検討では複数エリアのポテンシャルを分析しなければならず、膨大な工数がかかっている。
なんとかエリア選定の工数を削減して、効率化できないだろうか?

これで解決

最新の人の流れからエリアの活性度の変化を指数化、さらに周辺の土地価格や公的統計の経済指数などとの相関を算出し、今後需要が見込まれるエリアを自動算出。
自動算出した需要見込みエリアデータを営業システムに連携し、土地価格が高騰する前に土地取得交渉を実施できるようにすることで、開発コストの削減と業務効率化が可能になります。

金融商品の価値予測

課題

ファンドマネージャーで不動産銘柄の分析、選定、組み入れを行っている。
不動産銘柄の価値算定のため、稼働率などを定量的に継続的に捉えることはできないだろうか?

これで解決

不動産銘柄に含まれるホテルやオフィス、工場、商業施設などへの来訪・滞在人数や滞在時間などを指数化し、稼働率を推定することが可能です。
定量的な指数を参考に最適なポートフォリオ管理・運用が可能になります。

関連ユースケース

観光施策

交通施策

防災施策

出店戦略立案

顧客・競合分析

click

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ