株式会社Agoop

出店戦略立案

出店戦略立案

Agoopサービスは、店舗の出店戦略立案のための客観的データとして数多くご利用いただいております。
出店戦略立案分野でのAgoopデータ、サービスのご活用例をご紹介いたします。

周辺ポテンシャルの分析

課題

出店候補地として相応しいか、周辺のポテンシャルを公的統計を用いて判断している。
しかし、公的統計では居住者の情報が大半で、居住者以外の来訪している人の細かな属性などが把握できない。
居住者だけでなく、来訪者も含めた人口や属性分布から、ポテンシャル分析をより精緻化できないだろうか?

これで解決

Agoopの人流データでは、居住者に限らず来訪者の人口や属性分布なども把握可能です。
来訪者の居住エリアや勤務エリアを町丁目単位で把握したり、年収や世帯構成などの属性情報を把握することで、実際の商圏の広さがどの程度かなどを把握できます。
また、周辺の競合店ごとに来訪者や商圏の広さを確認することで、競合の影響がどの程度見込まれるかの測定にも活用いただけます。

出店候補地の選定

課題

新規出店は、候補テナントが出てきたら、周辺のポテンシャルをGISで公的統計と通行人量調査で判断している。
ただ、コロナ禍で人の流れが変わりすぎて、従来の公的統計とは違う状況になっていたり、通行人が多いからといって入店者数が多いとも限らない。
本当にこれで大丈夫なのだろうか?

これで解決

最新の人の流れから、新たに活性化しているエリアを把握することで、今後需要が拡大するエリアをいち早く発見でき、需要拡大エリアでのテナント探しなど、出店検討の効率化が可能になります。
また、道路単位などで拡大推計した来訪者人数を確認したり、その来訪者の年収やライフスタイルなどの属性もデータで把握することで、自社のターゲット層に合致しているのか、成功確率が高い出店候補地なのか判断が可能になります。

モデル店との類似度による新店の売上予測

課題

出店の判断を下すうえで新規出店時の売上予測を行なっているが、新規店舗の売上見込みは、担当者の経験と勘に頼っている部分がある。
既存のモデル店舗の売上要因などとの相関から、客観的な視点で新規出店時の売上予測をできないだろうか?

これで解決

店舗においての売上は店舗周辺の人流特徴や立地特徴が影響する部分が大きく、既存のモデル店舗の人流・立地特徴と売上がどのような相関を持つのかを分析することで、売上に影響を与える要素を把握することができます。
売上に影響を与える人流特徴と立地特徴、過去の店舗別売上データの傾向などから売上予測モデルを構築することで、新規出店候補地の各要素から新規出店時の売上を算出し、出店判断を迅速に行うことが可能になります。

関連ユースケース

需要予測・投資診断

顧客・競合分析

観光施策

交通施策

防災施策

click

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い合わせ