株式会社Agoop

簡単操作で人流データを施策に生かす

簡単操作で人流データを施策に生かす

東日本旅客鉄道株式会社 石井様

東日本旅客鉄道株式会社(以下JR東日本)は、新幹線などの鉄道利用促進にむけて観光開発の検討や観光キャンペーンなどの効果測定を行なっています。今回、Agoopの人流統計レポート」を導入いただきましたので、担当者に導入の背景や効果、具体的な活用方法についてお話を伺いました。

改札を出たあとの旅行客の周遊ルートを知りたい

ー 導入の背景や課題について教えてください

JR東日本では、新幹線などの鉄道利用促進に向けて観光コンテンツの開発や旅行商品の造成、観光プロモーションを行なっています。そのため、キャンペーン実施前後の現地の人流変化の把握や、定期観光バスなどの二次交通の整備に向けて実際の観光周遊ルートを把握する必要がありました

自社で保有する「改札の通過人員数」や「suicaの利用データ」では、改札外での旅行客の移動状況を把握することが難しく、また、コロナ禍で過去の知見が全く通用しない状況となり、より詳細なデータを求めて人流統計レポート」を導入しました。

欲しいエリアの情報を細やかに日次で取得可能

ー 実際に「人流統計レポート」を利用してみていかがですか

以前より人流データは他社のものを活用していましたが、今回「東北デスティネーションキャンペーン」を実施するにあたり、広範囲の旅行者の周遊ルートを把握する必要があり、細かいエリアの人流データを閲覧できるサービスを探していました。「人流統計レポートは、日次でデータが更新されるため情報鮮度が高いのと、全国の観光スポットを簡単にグラフや地図で閲覧することができるため、とても使いやすいです。また、確認したい観光スポットがない場合は、迅速にエリアを作成・追加していただきとても助かりました。

JR東_石井様

報告レポートの作成時間を75%削減

ー 導入した効果について教えてください

役員への定期的な報告レポートにも「人流統計レポート」のグラフや地図を引用しています。人流データを活用することで、今まで点で取得していた情報がつながり、線や面で動向を把握できる精緻なデータとして、報告することができるようになりました。

また、レポート作成においては簡単に条件設定などの前段処理ができるようになったため、集計作業も含め4分の3の時間を削減できたと思います。

今後は、取得できるデータを活用して分析の幅を広げていきたいと考えています。

お客さまプロフィール

会社名

東日本旅客鉄道株式会社

本店所在地

東京都渋谷区代々木二丁目2番2号

部署

技術イノベーション推進本部

部署業務

新幹線など鉄道乗車率向上のための観光促進業務
・地域と協力した観光コンテンツの開発
・旅行会社と連携した鉄道を利用する旅行商品の造成
・観光キャンペーンなどのプロモーション活動

導入サービス

全国2万ヶ所の日々の滞在人口を時間帯別で確認いただける人流可視化サービス

click

まずはお気軽にお問い合わせください。